ご利用のブラウザでは、本サイトが正常に動作しない場合がございます。本サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

Windows
IE9.0以上
Firefox最新版
Chrome最新版
Macintosh
Safari最新版
Firefox最新版
Chrome最新版

切り方ひとつでおいしさアップ!お刺身の切り方教えます

コラム

はじめまして!新しくコラム担当に加わりました、和平フレイズWEB担当の後藤と申します。和平フレイズのホームページ制作を主に担当しております。今後よろしくお願いします。

おいしいお刺身が食べたい

年始にこのコラムを書いているのですが、みなさん年末年始にごちそう食べましたか?
いきなりですが私はお刺身が大好きで、ごちそうといえばまずお刺身が思い浮かびます。特にこの時期の食卓にはお刺身が欠かせない!年末に漁港近くのお店に行って、人ごみにもまれながらお刺身を買うのがこの時期の私の恒例行事なのです。

私はスーパーの鮮魚コーナーで働いていた事があって、鮮魚店に行くとその頃の事を思い出して、このお造り上手に作ってあるなーとか、大晦日なんか深夜からお刺身作り始めてるんだろうなきっと、とか考えながらお買い物してます。変な客ですよね。
そんなお刺身大好きな私が、お刺身を美味しく食べる選び方・切り方をお教えします!

サクと切り身のどちらがおすすめか

スーパーなどのお刺身売り場に行くと切り身になる前のサクと、切り身になっているものがありますよね。切り身になっているものはそのまま食べる事が出来て簡単ですが、おいしいお刺身が食べたいのなら圧倒的にサクがおすすめです!

なぜなら、断面の少ないサクの方が味が落ちにくいからです。すでに一口大に切られている切り身は空気に触れる面積が大きい為痛みやすく、それだけ味が落ちるのが早くなってしまいます。また、サクは加工賃や添え物の代金ががかからないので、切り身に比べて安い事が多いです。

刺身は食べる直前に切るのが一番!「ひとてま」かけておいしいお刺身を頂きましょう。

サクと切り身のどちらがおすすめか

お刺身を切るのにおすすめの包丁

サクでお刺身を買ってきました。そうすると次に必要になるのはお刺身を切る為の包丁です!

ダンチュウ 柳刃包丁

お刺身を切るのに一番おすすめなのは、やはり柳刃包丁です。ピンと角の立ったお刺身を切る事が出来ます。私も普段お刺身を切る時は、ちょっと刃渡り長めの27cmの柳刃包丁を使ってます。でも柳刃包丁は用途が限られるし、正直言って敷居が高いですよね…。

そこでお刺身を切るのにおすすめする包丁が、スライサーです(写真は弊社ブランド“ラバーゼ”のスライサー)。
スライサーは刃の厚みが薄く作られている包丁で、食材を薄切りにしたり千切りにしたりするのに最適の包丁です。肉を切るのにも便利ですし、お刺身を切ったり魚の皮を引いたりするのにも使いやすいです。
1本あると料理の幅が広がる大変便利な包丁です。今回はこれでお刺身を切ります!

お刺身の切り方

お刺身を切る時はなるべく魚に触る回数を少なくするのがポイントです。また包丁の刃元から刃先までの全体を使い、一気に引いて切ります。
包丁を前後に動かすと断面がデコボコになってしまい、旨味が逃げてしまいますし口当たりも悪くなります。包丁の長さを利用して、すーっと引いて切るイメージです。

1.まずまな板を濡らします。魚に限らず臭いの強いものを切る時はまな板を濡らしてから使うと、臭いがうつりにくくなります。濡らしたら余計な水分をふきんで拭き取ります。

2.切る時はサクの腹の部分(幅のある部分)は直角に近い角度で包丁を入れ、尻尾の方(幅が細くなってる部分)に向かうにつれて形に合わせて角度を変えると切り身の形が揃います。

3.切り始めは包丁の刃元の部分を使います。

4.刃元から刃先まで、包丁を弓なりに動かして一気に引いて切ります。刃元で切り込んで、刃先で身を完全に切り離す様なイメージです。

5.身を切り離したら包丁をそのまま右へ送って、刃を使って切り身を並べます。(右利きの場合)

6.切ったお刺身はすぐに食卓へ!風味が落ちないうちに美味しくいただきましょう。切ってから時間を置く場合は必ず冷蔵庫で保存して下さい。

ネットでうわさのお刺身を美味しく食べる方法!?を試してみました

ところで皆さんは、最近インターネットで話題になっているお刺身の美味しい食べ方をご存知ですか?
その食べ方とはなんと切り身を水で洗って食べるなんだそうです。生臭みが取れてさっぱりするんだとか。
え?本当か?魚まるごと一匹の状態ならともかく、切り身を真水で洗うとか旨味が逃げて水っぽくなっちゃうんじゃないの?という感じで疑問だらけになってしまったのですが、「ひとてま」かける事で美味しく食べられるって言うんなら試してみるしかない!という事で試してみました。

【今回試した方法】

1.流水で3秒間お刺身を洗う。

2.余分な水分をキッチンペーパーで取る。

これで美味しくなるとか本当なのかな?イマイチ不安がぬぐえない感じです…

【結果】

確かに不快な生臭さが減った様に感じました。旨味が逃げないか心配だったのですが、手早くしっかりと水分を取ってあげれば問題ない感じです。
魚の生臭さの一因である「トリメチルアミン」という物質は水に非常に溶けやすい為、水洗いするとこれが取れて生臭さが少なくなるそうです。
また魚を生で食べる時に気を付けないといけない菌に「腸炎ビブリオ」という菌があるのですが、この菌は真水に弱い為水洗いする事で食中毒予防の効果もありそうです。
個人的に大変おいしくなったと感じたので、今後お刺身を食べる際は水洗いして食べようと思います!

※上記はあくまでも私個人の感想です。参考程度にお考え下さい。

今回のコラムはいかがでしたでしょうか?皆さんもぜひ「ひとてま」かけて、おいしいお刺身を食べて下さいね!

4bd1c83875933a754479c40bada4e055.jpg
記者:ごとう

和平フレイズのWEB担当。ホームページ制作から商品の荷下ろし、出荷応援まで何でもやります。

マガジン レシピ