ご利用のブラウザでは、本サイトが正常に動作しない場合がございます。本サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

Windows
IE9.0以上
Firefox最新版
Chrome最新版
Macintosh
Safari最新版
Firefox最新版
Chrome最新版

リッケのボトルと一緒に行きたい!一押しスポットのご紹介~くらげの水族館~

ライフスタイル

リッケのボトルは、スリムタイプでバックにもスッキリ収納できるのでとっても便利!

リッケのボトルは、スリムタイプでバックにもスッキリ収納できるのでとっても便利!
冷たい飲み物も、温かい飲み物も入れられるので、1年中一緒にお出かけできる、シリーズの中でも大好きなアイテムです。
週末や大型連休には、ドライブを兼ねて色々な所へ遊びに行きますが、必ず、リッケのボトルを持っていきます。
子供の頃から大好きだったのは、動物園と水族館へのお出かけです。

 幼稚園の頃連れて行って貰った、山形の加茂水族館が大好きでした。海辺の小さな水族館ですが、ショーなどもあり1日楽しめる水族館だった思いでがあります。

 先日里帰りした際、約20年ぶりに足を運んでみましたが、くらげ、くらげ、くらげづくし!
噂には聞いていましたが、くらげがまるで宇宙を泳いでいるようフワフワと展示されています。
くらげの種類もとっても多く、丸い可愛いものから、縦長の発行するものまで様々です。

リッケ ボトル 
リッケ ボトル

くらげの他にも

ちなみに、フードも、くらげアイスなどくらげづくし。
お土産にもくらげが描かれたものがたくさんありました。
くらげの他にも、アシカのショーや、うみねこえの餌やりなどとてもエキサイティング。
うみねこもこんなに近くまでやってきます。

うみねこ
おみやげ

素敵なアイディアがたくさんの水族館でした

皆様、山形へお越しの際は、是非是非、くらげ自慢の加茂水族館へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

鶴岡市立加茂水族館 〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

9de29121ecd000cb1cda10793ba78e5d.jpg
記者:長谷川 好翔

営業経験のあるプレス。 都内で二人暮らし。 営業として経験を積んだのち、現在はWAHEI J LIFESCENEの広報を担当しています。 訪れた先の名物料理を食べたり、買ったりすることが好きで、家に帰ってから、その味を再現したり、アレンジして作ったりしています。 料理のレパートリーを充実させることが楽しい日々です。