ご利用のブラウザでは、本サイトが正常に動作しない場合がございます。本サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

Windows
IE9.0以上
Firefox最新版
Chrome最新版
Macintosh
Safari最新版
Firefox最新版
Chrome最新版

雨の日でも楽しみたい!野外フェスの雨対策持ち物リストを作りました

コラム

こんにちは。販促担当のぜんばです。

野外音楽フェスの季節がやってきましたね!記事最後の自己紹介にも書いてる通り、私はロックフェス(で飲むお酒、とくにZIMA)が大好きです!!!

全部違うフェスですが一杯目は必ずZIMA。スポンサーにZIMAがあるかどうかを参加基準にするくらい、私にとってはフェス参加になくてはならない存在です。

今年の参加予定はいまのところ3イベント。お金と時間と相談しながら、もっと行けるだけ参加したいと目論んでいます。

野外音楽フェスの醍醐味はコレ!

私が「野外フェス」というもの自体に初めて参加したのは、2015年 ARABAKI ROCK FES(通称:アラバキ)です。

それまでアーティストの単独公演(ホール、アリーナ等)には何度も参加していましたが、「フェスってなんかパヤパヤしてる…」と少し白い目で見ていました。アラバキにはたまたまお誘いいただき、場所も宮城だったので旅行気分で何となく参加したのです。

ところが参加してみると、ZIMAのカップを片手にノリノリで楽しんでいる自分が…!!自然たっぷり&音楽好きな同志たちと楽しめるというところに醍醐味を感じ、すっかりハマってしまったのでした。

フェス初参加は開催期間中ずっとお天気が良く、さわやかな気候の中楽しめました。ところが野外フェスでは、雨が降ることも多々あります。

一週間前から天気予報をチェック!

早くて10日前くらいからWEBで天気予報情報が出てきます。野外フェスで特に気にしたいのが「降水確率」です。
野外フェスが行われるのは主に4月〜10月の間です。夏と秋の梅雨の時期を挟むため、1年で数公演に参加すると必ずどこかで雨に振られます。


それでは、私が参加した中でも特に思い出深い「雨の日フェス3つ」をご紹介します。

秋雨で体力を消耗してしまい、最後の布袋さんを見れなかった氣志團万博2017

2017年の9月中旬、千葉県の袖ヶ浦海浜公園で開催されました。この日は始まりから終わりまで雨模様でぐずついた天候でした。

Tシャツの上にセットアップのレインウェアを着て望んだところ、秋のはじめの気温で体が冷えてしまいました。どんどん体力を消耗…。氣志團万博はエンタメ要素が強く楽しかったのですが、体力が持たずにトリの布袋さんを諦め帰路についたのでした。もっと寒さ対策をしてくればと後悔。

【反省ポイント1】季節の変わり目には羽織れるものを1枚追加する。

レインウエアの下だけ忘れたモンパチフェス2018

What’a wonderful world!!(通称:モンパチフェス)は、MONGOL800が沖縄で2年に一度開催するフェスです。
暖かい”だろう”し、雨予報っぽいけど大丈夫”だろう”となぜか思い込んでいました。レインウエアの上だけ持っていったところ、会場に着くなり南国特有の大雨。
上半身は濡れずに済んだものの、下半身は見事にずぶ濡れに…。それ以来、レインウェアは必ずセットアップで持ち歩くようにしています。

大雨後の会場の様子がこちら。

田んぼ状態でした。

余談ですが、こんなときに折りたたみイスがあるとお尻を汚さずに休憩できますね。

【反省ポイント2】"だろう"は禁物。レインウエアは必ず上下セットで持ち歩く。

雷で中断、泣く泣く帰った京都大作戦2017

雷雲が通過し、安全が確認できるまで公演を約2時間中断。その後再開し、当初のスケジュールを大幅に変更して無事終演したという伝説の公演です。

ちなみにこのときの会場も、田んぼでした。

この日は新幹線の時間が迫っていたため、中断している間に会場を後にしました。最後まで見れなかったことは残念でしたが、落雷を避けるための避難誘導があったりと、自然の怖さを知った日でもありました。

また、この日は靴がずぶ濡れになってしまい歩くたびに気持ち悪い思いをしました。何度も雨のフェスに参加しているのに、レインブーツを買うことを渋っていました。

【反省ポイント3】レインブーツを買う。

雨の日持ち物リストを作ってみました。

思い返してみると忘れ物や身に付けるものの選択ミスをしている印象。今年は抜かりなく準備をしてフェスを楽しむために、雨の日重視の持ち物リストを作ってみました。
【注意!!】
・日帰りタイプのフェスを想定しています。キャンプフェス向けではありません。
・私の経験値からリストアップしています。
 服装や飲食物は含んでいません。

ちなみに服装はざっくりとこんな感じです。
春・秋→【上】ロンTの上に半袖Tシャツ+マウンテンパーカー【下】タイツ+ハーフパンツ
夏→【上】Tシャツ【下】ハーフパンツ

まずは基本の持ち物です。
●大きめのバッグ(バックパック/トートバッグなど)に入れるもの
・レジャーシート(雨の日はビニール製にしましょう!)
・クーラーバッグと保冷剤(クーラーボックスはNG、クーラーバッグはOKなどフェスによりルールが異なります。事前にチェック!)
・汗拭きシート(個人的にはメンズ用の大判のボディシートがおすすめです)
・虫除け(炎天下になると缶は怖いので液体のスプレータイプやシートタイプ)
・日焼け止め、サングラス
・帽子
・着替え(Tシャツ1枚など)
・スポーツタオル(手ぬぐいはコンパクトですぐ乾くのでおすすめです)
・ウェットティッシュ、ティッシュ(洗い場はどのフェスでも限られています)
・ごみ袋(持ち込んだ飲食物のポイ捨て厳禁です)

●ショルダーバックに入れるもの
・入場券
・財布(小さめのものに入れ替えるとコンパクトで軽量化)
・鍵
・常備薬など

●雨予報のとき追加したい持ち物
・45L以上のゴミ袋
・ジップロック等の密閉バッグ
・レインウエア上下 もしくはポンチョ ※防水スプレーしましょう
・レインブーツ
・雑巾にできそうな布(濡れたシートなどを拭いて持ち帰るために使います)
・折りたたみイス(お尻濡れを防ぎます)
(以下は全部袋に入れます)
 ・着替え
 ・下着、靴下
 ・タオル+1枚(多めにあるとそれだけで安心です)

「雨予報のとき追加したい持ち物」の中でも、特に大事だと思う3つをご紹介していきます。

<1つめ>雨予報なら必須「ふくろ類」

私は荷物の持ち運びに2種類のバッグを使います。
1つめは着替えやレジャーシートなど、持ち運ばず休憩スペースに置いておく「大きめリュック」。2つめは貴重品を入れて身につけておく「ショルダーバッグ」です。

それぞれのバッグに雨対策をする際、持っていくのがこれらの「ふくろ類」です。

まず45Lのゴミ袋。これは「大きめリュック」を入れます。大は小を兼ねる、で45L以上がおすすめです。
袋に入れて、シートエリアにレジャーシートを敷いて荷物を置いておきます。
↓中のリュックは30リットルの登山用のもので、日常使いのバックパックより大きいです。

※盗難が心配な方は有料クローク(荷物預かり場所)に預けましょう!多くのフェスで設けられています。

ゴミ袋に入れるなんて恥ずかしい…と思っている方!大丈夫です。みんなゴミ袋に入れています。

次に、「ショルダーバッグ」の雨対策です。ここで使えるのが「密閉バッグ(ジップロック等)」です。これには常に身につけておきたい4点を入れています。
①お財布
②スマホ
③鍵
④ミニポーチ(常備薬や飴など)

密閉バッグのジッパーを閉じたら、ショルダーバッグにイン!

こうすれば雨で濡れてしまっても中身が守れます!

お財布やスマホといった貴重品が濡れるのを防ぎ、かつ出し入れのしやすさを考慮した、私のベストオブ雨対策です。
ショルダーバッグは濡れてしまいますが…化学繊維なら乾きも早いです!!

ちなみにショルダーバッグにはペットボトルホルダーをつけています。ベルトホルダーにもつけられます。ぱっと飲みやすいですし、バッグの面積も取らずに済むスグレモノです。

<2つめ>レインウェア

今までの野外フェス会場では、傘の使用禁止のところがほとんどでした。そのため雨具は必ず用意しておきたいところ。
会場では上下セットのレインウェアや、ポンチョを着ている人が多いです。

わざわざこのために買うのは…と思う方もいるかもしれませんが、野外フェスに今後も行く可能性があるならば揃えておきたいアイテムです。ビニール製の半透明カッパと比べてみると次のような利点があります。
①動きやすい(カッパは大きな動きで破れやすいです)
②蒸れにくい(ゴアテックスなどの素材で作られているレインウェアは、水を弾きながら通気性を保ってくれます)

<3つめ>長靴(レインブーツ)

先述の「田んぼフェス」状態になることもよくあります。ここにスニーカーで入ったらと考えると…恐ろしいですね。田んぼでなくても足元が濡れるのは気持ち悪いものです。

レインブーツの良いところは、
①水を通さないのでどこでも歩ける、不快な気分にならない
②汚れを落としやすい
というところに尽きます。

レインウエア、レインブーツともにアウトドア用のものは高価になりがちです。今は作業着のワークマンで安価に高品質のものが手に入ったりしますよ。

もっとフェスが楽しくなる「ステンレス真空構造アイテム」

キッチン用品メーカーが運営するメディアだというのに趣味に偏りすぎました…。
ここからは、野外フェスで活躍する「ステンレス真空構造アイテム」の使い方をご紹介していきます!

ステンレス真空構造とは、ステンレスが二重になっていて保冷・保温してくれる構造のことです。この構造はボトル、タンブラーなどで一般的になりました。冷たい飲み物は冷たいまま、温かい飲み物は温かいままの飲み頃をキープしてくれます。

お酒や炭酸飲料には「タンブラー」

お酒や炭酸飲料にはタンブラーがおすすめ。フェスによってはリユースカップとして使えるところもあります。

ソフトドリンクには「フタつきタンブラー」や「ボトル」がおすすめ。

ソフトドリンクにはタンブラーやボトルがおすすめ。中身が漏れる心配なく持ち歩けますし、カップの中に雨水が入ることなく楽しめますよ。

これがあれば、雨で体が冷えてしまった時にはホットドリンクを飲むこともできます。

キャンプフェスではお湯を入れて→コーヒードリップに使ったり。
温かいお茶を買って、移し替えたりしています。

雨の日でも野外フェスを楽しもう!

野外で開催する以上、自然の天気には逆らえません…。事前にしっかり準備し、雨でも思いっきり楽しみましょう!


【関連記事】
子連れでも行ける!夏の野外音楽フェスを楽しむ5つのコツ
マグボトル(水筒)でフェスの休憩時間を過ごす3つのおすすめ方法

5991648e008c43698015b14e702021d8.jpg
記者:ぜんば

都内で2人暮らし。好きなことは①ロックフェスで音楽とお酒をたのしむこと ②友人を呼んで料理を作って家飲みすること ③キャンプやピクニックなどアウトドアで飲むこと。好きな飲み物はシークワーサー系のお酒。

マガジン レシピ