ご利用のブラウザでは、本サイトが正常に動作しない場合がございます。本サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

Windows
IE9.0以上
Firefox最新版
Chrome最新版
Macintosh
Safari最新版
Firefox最新版
Chrome最新版

普通のフライパンで作れる きのことシーフードのアヒージョ【手抜きでも映えるキャンプごはん②】

コラム

こんにちは。販促担当のぜんばです!

手抜きでも映えるキャンプごはんシリーズ 第2回目の投稿です。
前回はパエリアを作りました

今回は ”簡単にできる映え” の代表メニュー「アヒージョ」を作ってみました!

アヒージョとは

アヒージョはオリーブオイルとニンニクで煮込むスペイン料理のこと。日本では料理名として「アヒージョ」と呼んでいますが、本来はアヒージョ=にんにく自体のことを指すそうです。また、本場スペインでは(食材名)+アヒージョがメニュー名なのだそう。

アヒージョの作り方をかんたんに説明すると、
①食材を切る
②オリーブオイルで煮込む
これだけ!

手抜きというよりはもともとが簡単に作りやすいメニューです。

料理店ではアヒージョ専用鍋や、鉄スキレットでサーブされることが多いです。
今回は、お手入れが簡単で使いやすい「アルミ素材」「内面ふっ素樹脂加工」のいわゆる普通のフライパンで作りました。
さらに、彩りのある「信号機カラー」の食材を入れれば簡単に華やかな仕上がりに作れますよ。

材料について

オリーブオイルで煮込む食材はシーフードを中心になんでもOK!
今回煮込んだ具材はこちらの4種類です。

・生食用かき
・ソーセージ
・マッシュルーム
・プチトマト

4月上旬に作ったので生食用かきを入れています。夏の時期はなかなか手に入りにくいかもしれません。夏場はタコがおすすめです。理由は後半でご説明します!

フライパンについて

今回使ったフライパンはこちら。
>>Dish&Chill(ディッシュ&チル)オンザテーブルパン20cmq

鉄スキレットのように見えますが、実はアルミ素材で作られた普通のフライパンです。内面はふっ素樹脂加工なので、料理の後は食器用洗剤とスポンジで普通にお手入れすればOK。

また、サイズは直径20cmのものを使用。2人分のアヒージョを作りましたが、やや大きいかもしれません。たっぷり食べたい時にはちょうどいいサイズです。

作り方

<材料>
・オリーブオイル
・かき
・ソーセージ
・マッシュルーム
・プチトマト
・オイルサーディン(もしくはアンチョビ)
・ローズマリー
・バゲット(アヒージョと一緒に食べる用)


---------
余談ですが、オイルサーディンとアンチョビの違いをご存知ですか?
(私はこれまで知らなかったので調べてみました)

どちらも使っている素材は「カタクチイワシ、油、塩」でほぼ同じです。
・オイルサーディン…イワシを三枚おろしにし頭と内臓を取り、油と塩に漬け加熱したもの
・アンチョビ…イワシを三枚おろしにし、油と塩につけて発酵させたもの
つまり素材は同じで加工方法が違うのですね。

アヒージョはオイルサーディン、アンチョビどちらも使えます。オイルサーディンの方がさっぱりめ。アンチョビは塩味が強いです。

では作っていきます!

①具材を切る
大きな野菜は一口大に切ります。それぞれの食材を同じくらいの大きさに切ると火の通りが均一になりやすいです。余裕があれば自宅で切ってくるのもいいですね。持ち帰るゴミが減らせます。

②オリーブオイルを加熱する
ここで大問題が発生・・・にんにくを忘れるという大ミス。
アヒージョ=にんにくなのだから、もはやこれはアヒージョでなくオイル煮・・・泣

へこみつつも調理を進めます。

オリーブオイルを1cm程度フライパンに入れ、弱中火で加熱します。

③火を通したい食材から煮込む
かき のような生ものから煮ていきます。

次いでソーセージ、マッシュルーム、プチトマトを加えます。オイルサーディンはオイルごと加えます。

最後にローズマリーを加えます。

④弱火で5分ほど煮たら完成!
バゲットにのせていただきます。

アヒージョの付け合わせはスライスカットしたバゲットです。具を載せて食べたり、オイルに浸けて食べたり。
できればパン屋さんの焼きたてのものがおすすめです。パン屋さんのバゲットは、硬さがあるので具がしっかり乗ります!
今回も食材の買い出しついでに、スーパーの中にあるパン屋さんで1本200〜300円程度のバゲットを買いました。

アヒージョが冷めてしまったらカセットコンロで温め直して、バゲットにつけながらゆっくり楽しめました。

かきのアヒージョってどんな味?

かきがプリプリになり、生臭さも消えてとても美味しく食べれました。
加熱すると縮んでしまうので、なるべく大きいものを選ぶのがおすすめです。

また今回はソーセージを入れて、魚も肉も楽しめるようにしました。

組み合わせは無限大。いろいろな食材を入れて楽しんでみてください。

映えポイントは、彩りをつくる「赤」「緑」「黄」

赤・緑・黄のいわゆる「信号機カラー」の食材は一気に彩り感をアップさせてくれます。
お弁当もこの3色を入れると彩りが良くなると言われていますよね。

道具もポイント

今回使ったフライパン Dish&Chill (ディッシュ&チル)はスキレット風ということで黒のボディ。器が黒いと食材がいっそう映えます。

先述した通りこのフライパンはあくまで「スキレット風」なので、お手入れはふっ素樹脂加工(テフロン加工など)のフライパンと同じでOK。食器用洗剤をつけたスポンジで洗えます。
鉄スキレットのように油ならしや、使用後の空焚きなども不要です。
重さも鉄スキレットの約1/3と、調理もお手入れも楽々でした。

アヒージョレシピをご紹介

DAYWEAR WAHEIでは現在3つのアヒージョレシピを公開しています。

贅沢シーフードのアヒージョ

タコ、ホタテ、エビのたっぷりシーフードを使ったメニューです!
「土用の蛸は親にも食わすな」ということわざがあるくらい、国産のタコは夏が旬で美味しいそうです。また、関西では半夏生(はんげしょう)という、夏至から数日間の期間にタコを食べる習慣があるのだそう。
夏にチャレンジしてみたいレシピ。きのこや鯖缶、砂肝などアレンジもできますよ。

オイルサーディンときのこのアヒージョ

オイルサーディンの塩味が効いた大人の味です。つまりお酒に合うということ…!!
今回のかきのアヒージョを作る際に参考にしたレシピです。オイルサーディンベースであれば、こちらを参考に具材のアレンジをしてみてください。

きのことさつまいものアヒージョ

オイルサーディンの塩味が効いた大人の味です。つまりお酒に合うということ…!!
今回のかきのアヒージョを作る際に参考にしたレシピです。オイルサーディンベースであれば、こちらを参考に具材のアレンジをしてみてください。

簡単映えメニューで食卓をはなやかに♪

キャンプはテント設営などやることも多いですよね。簡単メニューでぱぱっと作れるアヒージョは、お酒のおつまみにも、料理の前菜としてもおすすめです。

また、アヒージョ専用鍋や鉄スキレットがなくても大丈夫。日常使いのフライパンでも美味しく作れます。

旬の食材を使っていろんなアヒージョにぜひチャレンジしてみてください!


【関連記事】
パエリアの素と普通のフライパンで!2合分のフライパンパエリア【手抜きでも映えるキャンプごはん①】

5991648e008c43698015b14e702021d8.jpg
記者:ぜんば

都内で2人暮らし。好きなことは①ロックフェスで音楽とお酒をたのしむこと ②友人を呼んで料理を作って家飲みすること ③キャンプやピクニックなどアウトドアで飲むこと。好きな飲み物はシークワーサー系のお酒。

マガジン レシピ