ご利用のブラウザでは、本サイトが正常に動作しない場合がございます。本サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

Windows
IE9.0以上
Firefox最新版
Chrome最新版
Macintosh
Safari最新版
Firefox最新版
Chrome最新版

調理用品企画の裏側〜燕三条で打合せ編〜

ものづくりのこと

新潟県・燕三条へ出張

チームWAHEI J LIFESCENEは、商品企画の打合せのために本社のある新潟県・燕三条へ出張することがあります。そんなお仕事の様子をご紹介します。

燕三条系ラーメン

本社のある、新潟・燕三条への出張時には必ずお昼に「燕三条系ラーメン」をいただきます。
かなりこってりで、お腹いっぱいになってしまうのですが出張のたびに食べたくなる、くせになるラーメンです。

燕三条系ラーメンの特徴はこの3つ。
・スープの表面を覆う背脂。
・やや細いうどんと表現できる、極太ちぢれ麺。
・長ネギでなく、刻み玉ねぎをのせる。

昔から工場地帯で、工場へ出前しても麺がのびにくい極太麺。スープが冷めないように大量の背脂が乗せられているそうです。

ラーメンタイムの前後にはお仕事です!

大むら 燕三条 ラーメン 背脂ラーメン

「大むら食堂」の中華。

杭州飯店 燕三条 ラーメン 背脂ラーメン

「杭州飯店」の中華そば。

新商品開発の打ち合わせ

協力メーカーさんとの打合せです。
メーカーさんへ伺い、製作頂いたサンプルを元に意見交換します。
その場で「こんなアイデアは?」「それならこういう技術でできるかも」といった会話ができ、開発が進みやすくなります。

燕三条 ものづくり 和平フレイズ

製造現場の見学

また、工場見学をさせていただくこともあります。
実際の製法を見て、聞くと、「ものづくり」の意識が変わります。
長年の技術と改良が積み重ねられて、市場の製品が生み出されているのだと思うと、ものづくりの奥行きを理解できます。

燕三条 ものづくり 和平フレイズ

弊社はファブレスメーカーのため、協力メーカーさんとのつながりが重要です。
いつもご協力いただく感謝を忘れず、ものづくりの現場を見れる貴重な機会を大事にしていきたいです。

最後に、先ほどの燕三条系ラーメンのお店をご紹介します。
■大むら食堂
〒959-1241 新潟県燕市小高810-4
■杭州飯店
〒959-1200 新潟県燕市西燕49−4

近くに寄った際はぜひ食べてみてくださいね。

5991648e008c43698015b14e702021d8.jpg
記者:膳場 南

都内で一人暮らし。 新卒で入社し、デザイン室勤務を経て、チームWAHEI J LIFESCENEに配属されました。 健康意識、ストレス発散、道具を知るため、残業があっても日々ごはん作りをするように心がけています。 デザインができるマーケッターになることが目標です。